ホテルマリアクリスティーナ,ラグジュアリーコレクションホテル,サンセバスチャン

4.8 (257件のレビュー)

20004, スペイン, サンセバスチャン, Paseo Republica Argentina, 4   •   現地時刻:     •  電話: + (34) 943 437 600  

4.8

ホテルマリアクリスティーナの歴史

1912年の開業以来、136の客室を擁するホテルマリアクリスティーナは、サンセバスチャンの歴史と文化的生活に深く結びついてきました。

19世紀後半、 ビスケー湾の南に位置するこの海辺の町は、王族や貴族たちのお気に入りの旅行先となりました。彼らは太陽を求めて、そして新たな健康法として脚光を浴びて いた海水浴を楽しむために、この町へとやって来たのです。彼らの習慣である遊歩道沿いの午後の散策は社交の場となり、たくさんのカフェやオープンテラスに は上流階級の人々が溢れました。

サンセバスチャンは静かな漁船から賑やかな国際都市へと変貌を遂げ、目の肥えた客たちに応えるため、豪華でモダンな施設が必要になりました。

サ ンセバスチャンが都市として発展したのは、偶然にもベル・エポック時代の絶頂期。現在、有名なラコンチャビーチを囲む市庁舎、ビクトリア・エウヘニア劇 場、ホテルマリアクリスティーナといった建造物の大半は、この建築様式で建てられています。マドリードとパリのリッツも設計した建築家、チャールズ・ ミューズが手がけた威厳溢れる当ホテルは、川に面した最高の立地と海の展望にも恵まれて、瞬く間に世界中の上流階級の人々から愛される宿となりました。

1912年7月、名前の由来となったスペインの摂政、マリア・クリスティーナが、当ホテル最初のお客様となりました。

40年以上後、1953年にサンセバスチャン映画祭が始まると、ホテルはさらに多くの有名人を魅了することになります。これまでに、エリザベス・テイラー、ベティ・デイヴィス、ウディ・アレン、ジュリア・ロバーツ、リチャード・ギア、ブラッド・ピット、スーザン・サランドンといった映画スターたちが当ホテルに足を運んでいます。